セーフワード

  BLOG

あや

マスターズクラブブログをご観閲いただきありがとうございます。

8月も最終週となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
マスターズクラブではこの数ヶ月新しいM女さんがぞくぞく仲間入りしております。

マスターズクラブに限らずSMをする上でより安全に楽しむコツの1つをここでご紹介させて頂きたいと思います。

タイトルでもあるセーフワードです。

SMプレイにおいて「本当に嫌がっているのが、それとも喜んでいるのか?」の見極めは難しいものです。
しかし、その見極めはプレイをより楽しく安全に行う為にとても重要なものになります。
ご主人様も女の子も性癖は千差万別。
ナマモノであるがゆえいくらそー言った性癖を持っていても、痛みへの耐性やお肌の具合なんかは人それぞれ。

女の子は、我慢の限界を超えて痛くて苦しくて「もうダメ!」なんて言ったつもりでも、ご主人様からしたら「もうダメ♡(もっと)」なんて煽り文句に聞こえて余計に興奮してしまった。
はたまた女の子の「もうダメ♡(もっと)」が「もうダメ!」に聞こえていい感じだったプレイを中断してしまった。
なんて経験1度はある方が殆どではないでしょうか?

それが、笑い話で済むのであれば双方問題はないのかもしれませんが、深刻な事故や怪我を引き起こしてしまう可能性も有ります。

そんな事で、プレイに本腰が入れられなかったなんてもったいない!!!!!!!
セーフワードは事故を未然に防ぐだけでなく、そー言った取り決めをする事によってお互いが安心してプレイに集中出来る♡ワードなのです。

では、どんなワードを決めれば良いのか??

基本的にはプレイに全く関係のない言葉や、同じ言葉を2回繰り返して言うというのが推奨されております。(1回だと間違いや聞こえない事が有るため)
「お許し下さい。」をセーフワードどする方もいらっしゃいますが、それって興奮してしまう事も有りますよね。
勿論止められる方ならば問題ないのですが、不安な方はエロスのかけらもない言葉をセーフワードにする事をお薦め致します。
「NO!NO!」「ラーメンラーメン(笑)」なんでも良いのです。

ここからは少し上級編になりますがハードなプレイを好まれる方には重要なギブアップサインのお話…

口枷や口の中にモノを入れられていて声が出せない場合。
そう言った時の為にギブアップサインを決めて置くのも重要です。
手が動く状態で有れば、挙手する。相手の身体をつねる。など気づきやすいのでお薦めです。
手や脚が拘束されている場合。全力でヘッドバンキングする。なんてのも有りかと思います。

ご主人様も女の子もSMの世界に足を踏み込み、縁が有ってこうしてマスターズクラブをご利用または在籍して下さっているわけです。
お店に限らず全てのSM愛好家の方嗜みとして、頭の片隅に入れていただければ幸いです。

2人で考えてより奥深い濃厚なSMをお楽しみ下さいませ。